あこがれのハワイの不動産

あこがれのハワイの不動産

2012/07/02

あこがれのハワイの不動産

昨日は世界的なオークション会社が経営する不動産会社のハワイの不動産セミナーが名古屋で開催されるというので聞きに行ってきました。

場所は名古屋有数の高級ホテルのマリオットで会費はかかるもののコーヒーや紅茶などのソフトドリンク以外にワインやスナックも用意されていて、普段私が参加しているようなセミナーとはずいぶん趣が違いました。

さらに紹介する物件がハワイの高級レジデンシャルでありコンドミニアムでも百万円単位などは当然なく、数千万円から億単位の物件がつぎつぎと美しい写真とともに紹介されすっかりリッチな気分に浸れました。

ただしこのような物件にご興味ある方も無駄な税金を支払うのはお厭なようで、後半で登場した米国税理士の方のちょっとした節税アドバイスにも熱心に耳を傾けているようでした。

お話しされた内容では
①アメリカでは不動産の所有権を取得できるものの財産権としては合有(Joint Tenancy)、共有(Tenancy in Common)、夫婦合有(Tenancy by Entirety)などがあり、どのような形態で財産権を所有し、海外へ送金するときにどのような名義で送るかを注意しないと日本の税法との関係から贈与税などの問題が生じてくること

②日本の相続が包括承継であるのに対し、遺言状がないと”プロベート(probate)”とよばれる検認裁判が必要になりこれが手続きが煩雑で時間や費用がとてもかかるので注意する

なんて話は、私にとっても非常に興味深かったです。
裏を返せばこのようなことに気をつけている方が無駄な支出をせず結果としてお金が貯まっていくのかもしれませんね-。

現実的にはかなりの大金を用意し複雑な手続きを乗り越えなくてはなりませんがそれを差し引いても海外で、ましてやハワイで不動産を持つなんて夢がありますよね-。現在は自分の業務の勉強のために参加してますがいつかお客さんの立場で参加したいものです。。。

コラムの関連資料は、PDFファイルです。
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

お気軽にお問い合わせください