なんてハイテクなんダテ!

なんてハイテクなんダテ!

2013/06/14

なんてハイテクなんダテ!

少し前ですが仙台に出張に行ってまいりました。ちょうど新緑がまぶしく、”杜の都”とはどなたが名づけたが知りませんが、その言葉のイメージとピッタリのすばらしい街並みでした。

震災があったのですが少なくとも都心においてはその跡は見られずちょうど大きなお祭りの前だったからでしょうか、街はにぎにぎしく活気に満ちていました。

業務で行ったのでゆっくりと観光というわけにはいかなかったのですが美しい街並みとともに、大変感銘を受けたものがあります。

それが添付写真の仙台のコミュニティサイクル「DATE BIKE」であります。

以前にもご報告した通りに名古屋でも社会実験でコミュニティサイクルを導入したことはあったのですが、仙台は実用化されていました。

自転車も電動アシスト付きのおシャレな自転車でありますし驚くべきはインターネットや携帯などで取得したパスコードがいわば”鍵”となって、借りる時や一次的に置いておくときにもそれを入力して利用するというハイテクなシステムになっていました。

利用料の支払いもクレジットカードで返却場所もステーションであればどこでも自由という便利さです。一応、各ステーションには係の人がいますが、ほとんどの手続きはIT化され、名古屋で行われていた人海戦術とは大違いです。

どうやらNTTdocomoさんが運営主体となっており、同じようなシステムが東京や横浜にもあるようです。またこれとは少々違う内容ですが札幌にもコミュニティサイクルが運営されているようです。

名古屋で行った社会実験の結果、今後どうするかはわかりませんが是非参考にして頂き、かつ国際都市を標榜するなら、外国人の観光客やビジネスで来た方が使えるよう、最低でも英語でも申し込みなどができるようにして導入してもらいたいものです。

【関連資料】
写真 (PDF:458KB)

コラムの関連資料は、PDFファイルです。
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

お気軽にお問い合わせください