不動産投資の基礎を学ぼう!

不動産投資の基礎を学ぼう!

不動産投資とはどんな仕組み?なぜ注目されている?

不動産投資とは不動産を購入して賃貸に出したり売却したりすることで利益を得る方法です。売却してしまうと再び別の不動産を購入しない限り利益を上げることが出来ません。
不動産を売却した際に購入した金額よりも売却額が上回っている場合に得られる利益をキャピタルゲインと言い、賃貸に出して入居者から家賃収入を得ることをインカムゲインと言う基礎を知っておきましょう。
インカムゲインの場合だと少なからずリスクがありますが、比較的安定して不労所得を得ることが可能というメリットがあることが注目されています。投資に成功さえすれば毎月安定した収入が得られるのは非常に大きな魅力です。だからこそ、失敗しないようにメリットだけでなく注意点など学びましょう。

不動産投資を始める前に。投資は誰でも可能?

不動産投資の基礎と知っておきたいのが、どのようにして不動産投資を始めるのか、ということです。
基本的に不動産を現金一括払いで支払うことが出来るのであれば、主婦であろうと学生だろうと誰でも投資を始めることが出来ます。次に融資を受けて投資を始める方法がありますが、これは誰でも始められるというわけではありません。
まず金融機関に融資してもらう為には、個人の属性や自己資金、返済比率などが問われます。ローンを組む場合はしっかりと安定した収入が得られる職業に就いていることはもちろん、頭金や様々な費用を必要とするので前もってお金を用意する必要があります。金融機関によって多く融資してくれるところもあるので、まずは金融機関に相談するのが得策です。

不動産投資のメリットと注意点!安定した利益が得られるだけでなく、リスクもある!

“不動産投資の基礎として、インカムゲインの方式にすることで安定した不労所得が得られるなどといったメリットがあります。
株式投資のように不安定な利益ではなく安定した利回りで収入が得られるだけでなく、融資を受けていてもローンを完済してしまえば必要経費を除いた収入が得られるので積極的にお金を溜めることが出来ます。また、物価が上昇したとしても資産価値や家賃収入が上がる可能性があるだけでデメリットにはなりにくいです。
しかし、この家賃収入は空室によって左右されることに注意が必要です。もちろん空室が少ないほど得られる家賃収入が多くなりますが、空室が多いほど家賃収入が少なくなるので空室を埋める工夫が必要になります。

お気軽にお問い合わせください