サラリーマンでもなれる不動産投資の大家さん

サラリーマンでもなれる不動産投資の大家さん

サラリーマンは信用されやすい!ローンを活用しやすい!

不動産投資を行うにあたり、不動産を工夫しながら運用することでサラリーマンでも大家になれて多くの不労所得が得られるかもしれません。

金融機関から融資を受ける時にサラリーマンという立場を最大限に利用することが出来るのが最大のメリットだと言えるでしょう。金融機関としては融資する人の安定性や信用性などを測りますが、サラリーマンだと基本的に信用性が高いのである程度の頭金があればすぐにローンを組むことが出来ます。金融機関によって左右されることもありますが、一般的に会社に3年以上勤続しているか、年収が500万円以上あることが条件となっています。

これはサラリーマンだからこそのメリットなので、積極的にローンを組むのが良いでしょう。

ローンを早く組めば早く完済出来る!確実に資産が増えていく?

不動産の大家となって不動産投資を始める際、メリットとなるのはローンの組みやすさだけではありません。ローンを返済している最中にも毎月家賃収入が得られるので、少しずつ着実にローンを返済することが出来ます。

株式投資などの方法でも大きな利益を得ることが出来るものの、思うように利益を上げられずに損をしてしまう恐れもあります。その損失を取り戻す為に働くのではローンの返済が思うようにいきません。

その点不動産投資では得られる家賃収入が変動しにくく、入居者が増えるほど家賃収入も増えていきます。よってサラリーマンでも手軽に資産を形成することが出来るのです。もちろん空室が増えるほど家賃収入も減っていくので注意しましょう。

特別なスキルなどは必要なし!購入するなら中古の不動産?

サラリーマンが不動産投資を行って大家となる場合、毎月ほぼ何もしていなくても家賃収入が得られるので特別なスキルやノウハウを学ぶ必要性がないのもポイントです。ローンが完済されるまで着実に返済していくだけなので、株式投資のように複雑な勉強を繰り返すこともしなくていいのです。

不動産を購入する際に新築か中古のどちらかを選ぶことになりますが、中古の方が損をしないで済むとされています。何故なら新築を購入した時点で中古物件扱いとなり、価格も少し下がるので結果的に損をすることになり得ます。

対して中古物件だと購入後に価格が下がることもなく、利回りが良いです。不動産を購入する際に新築にこだわる必要性はないので、入居者が見つかる確率を踏まえても中古物件の方が安定した家賃収入を得られるかもしれません。

お気軽にお問い合わせください