不動産投資でよく使われる利回りとは投資金額に対する割合のことである

不動産投資でよく使われる利回りとは投資金額に対する割合のことである

そもそも利回りとはなに

不動産投資をする際に覚えておきたい知識の一つ利回りとは、不動産投資は指定されている金額に納得して自身の持っている資本から購入手続きをして一部の販売の権利をもらいます。そして販売の権利をもらえると、その権利を使って不動産の販売価格を指定することが出来るのです。

その販売価格によって売れたら、それが自身の利益になります。ただ不動産を購入した段階で、その不動産を所有することで発生する利息などが発生します。その利息は必ず支払わなくてはならない義務なので、実際に売れた購入金額から差し引かれます。この差し引かれたとしても、最終的に購入するときに出した金額よりも上回っていればそれが利回りとなって自分に返ってくる金額なのです。

利回りの計算方法とは

最終的にいろいろな費用がかかったとしても利益が上回っていればいいというのが不動産投資利回りなのですが、ただ実際に利回りとはどんな計算方法で表されるのかを知っておくことが大事です。一番簡単な方法としては先に言ったとおりに権利をもらったら、販売する不動産の周辺状況や土地の価値を基に販売価格を算出します。

そして販売価格を元に、不動産を所有したときにかかる利息込みの満室になったときの年間賃料と割り算をして出た合計がその年の自身に入る利回りとなります。この計算式を覚えておけば簡単に算出できるものですが、簡単だからこそ先に言ったとおりに不動産販売価格を決めるときにはしっかりと情報収集を行って決めないといけないことを意味します。

不動産利回りで覚えていてほしいこと

不動産投資利回りとは決めた価格から年間賃料を割り算して決めた合計といいましたが、ただほんとうに不動産投資をするなら覚えていてほしいことがあります。それはいくら販売する不動産の質がよくても、売れるかどうかはまた別の話になるということです。そもそもこの不動産投資利回りで重要なことはあくまで満室になっているということが最低条件になっていることです。

利用者が都市部に近いほうがいいということであればすぐに買い手がつく可能性がありますが、いくら質が高くてもインフラ整備が整っていなかったり近隣にあまりよく無い状況があればいくら安くしても購入に時間がかかることはよくあります。売れなければ利益が上がらないのは当たり前です。そのため実際に不動産投資を行うときには、そういったデメリットを考えた上で行うことが大事です。

お気軽にお問い合わせください