中古住宅に投資してみよう

中古住宅に投資してみよう

お得な物件の価格のポイント

不動産投資と聞けば、真っ先に思い浮かぶのがマンション投資ではないでしょうか。マンションを一棟買い上げ、それを賃貸物件として運用する方法です。もちろんこれは物件が高額になり、また空室リスクも高まりハイリスクと言わざるを得ないです。

そこで不動産投資を初めて行う場合にお勧め出来る物件が中古住宅です。一戸建ての場合はマンションとは違い、建物が老朽化しても土地としての値段は必ず残ります。この点大損するリスクがマンションに比べ半減します。

物件選びはこれを念頭に踏まえ、もし建物の価値が無くなった時に土地として販売すればいくらが妥当な値段なのかを考えましょう。中古住宅購入の場合、まずは土地値以下での購入が望ましいとされています。

家賃設定は慎重に

中古住宅に投資をする場合、家賃設定の基準はもちろん付近の家賃相場に順ずる額を設定する事が好ましいとされています。更にその物件を住宅ローンで購入した場合の、毎月の返済額も一つの家賃設定の基準として考えておきましょう。

基本的に投資用の中古住宅は、これらを元にまずは家賃を想定し、そこから年間の利回りを計算し投資予算を組んでいきます。中古住宅の投資の場合、物件の購入金額とは別に物件のリフォーム費用がかなり高額になる場合があります。

特にお風呂やトイレ、キッチンといった水回りのリフォームはほとんどの物件で交換が必要ですが、リフォームでは高額になりやすい部類なので、物件選びの段階で慎重に検討しなければなりません。

中古住宅投資は一粒で二度おいしい

中古住宅投資の最大の魅力は、一粒で二度美味しいところにあります。まず物件を他人に貸せば、毎月賃貸収入が得られます。これは不動産投資の基本である不動産賃貸経営です。

中古住宅で賃貸経営を行うポイントは、何よりもまず物件を安く購入して極力費用を抑えてリフォームを行い、綺麗で住みよい建物にする事です。中古住宅投資のもう一つのメリットは、転売による譲渡益を得られる可能性がある事です。

不動産は個人売買が基本なのですが、不動産相場は年々変化しています。ですから物件の付近相場が上がりだした時に転売して利益を得る事も出来ます。中古住宅の場合、建物が老朽化して値打ちが無くなったとしても、売り土地として販売出来ますので簡単にリスクヘッジが出来るのです。

お気軽にお問い合わせください