住宅投資ローンでおさえておくべき3つのポイント

住宅投資ローンでおさえておくべき3つのポイント

典型的な手法を知っておく事が成功のポイント!

住宅投資ローンで成功するためのポイントのひとつに挙げられるのが典型的な手法を知っておく事です。住宅投資にはいろいろな種類の手法があります。マンションなどを1棟丸ごと購入して賃料を収入源とする方法や分譲マンションの一室もしくは複数の部屋を購入してそれを貸し出す方法などがあります。

また金融商品を介して住宅等に投資を行う不動産投資信託といったものもあります。数ある住宅投資の中では、「ワンルームマンション型の投資」が最もポピュラーな手法で、比較的少ない出資で始められるといったメリットがあります。住宅投資の経験がほとんどない初心者にとっては住宅投資の勉強などもできるので、覚えておきたい手法であると言えます。

どのようなリスクが生じるか理解しておく事も必要!

住宅投資ローンにおいては、リスクを理解する事も重要なポイントとなります。住宅投資に関わらず、投資をする際にはリスクも伴ってきます。どのようなリスクが生じる可能性があるのかきちんと把握しておけば、「リスクを避ける」または「リスクを最小限に抑える」といった事もうまくできるようになります。

住宅投資における最も典型的なリスクには「空きリスク」というものがあります。マンションやアパートなどを所有していると固定資産税や修繕費などの費用がかかってきます。これらは必然的に発生する費用となるため、入居者が現れず、空き室が長期間続くと収支がマイナスになる場合もでてきます。またそれらの対策として賃料を下げたり経費をかけて改修をすると別のリスクを生じてしまう可能性があります。

ローンをしっかりコントロールする事が大切!

住宅投資ローンではもうひとつ重要なポイントがあり、ローンをしっかりコントロールする事が大切になってきます。住宅投資では、マンションやアパートなどを購入すれば、固定資産税や修繕にかかる費用など、管理していく上でランニングコストと呼ばれるものを払う必要性がでてきます。

それに加えて物件の購入費を全て自己負担で賄えば借入コストが発生し、さらには購入資金を借入で対応すれば、支払利息も発生してきます。住宅投資ローンは一般的な住宅ローンと比較すると金利が高い傾向にあります。ローンをきちんとコントロールしていくには、実質的な利回りをきちんと把握し、必要最小限な借入金に抑えて、堅実に計画を練る事が重要となってきます。

お気軽にお問い合わせください