土地活用はマンション経営を!?

土地活用はマンション経営を!?

定期預金よりも約20倍の高利回りに?!

株式を行ったり、マンション経営以外の土地活用を行う場合と比べ、マンション経営は家賃という利益が、とても高いのです。具体的には、0.23%という低金利の定期預金に10年間、現金2000万円を預けていたとします。

その場合の利息は、年に、46,600円にしかなりません。しかし、2000万円でマンションを手に入れたとしましょう。そのマンションを月70,000の家賃で貸した場合、1年間で得られる利息は840,000円にもなるのです。これは、一部屋70,000円で貸した場合の計算なので、自分の所有している土地を活用し、マンションを一棟立てた場合は入居者が増えれば増えるほど、得られる金額は倍増していくのです。

マンション経営で土地活用をすれば節税対策になる?!

所有している土地を、更地や駐車場にしたままにしておくと、固定資産税や都市計画税というものが取られてしまいます。しかし、マンション経営するために、土地活用をし、マンションを立てれば、土地に対する固定資産税は6分の1になり、都市計画税は3分の1に減らすことが出来るのです。

また、相続税の節税にも効果的で、現金などの相続をする時にかかる税金に比べ、不動産の相続の場合には直の2分の1から3分の1のみが課税の対象となります。さらに、サラリーマンや公務員の人が、マンションを経営する場合、不動産所得として確定申告をするでしょう。すると、給与所得とともに、住民税が減額されたり、所得税の還付を受けることが出来るのです。

マンション経営は生命保険の代用となる?!

土地活用をマンション経営にすると、毎月必ず決まった額の、家賃が支払われるので、収入が得られます。もし、経営者である自分が亡くなってしまった場合、家族には経営しているマンションが残されている限り、毎月の収入が減ったり、無くなってしまうということがないのです。また、住宅ローンでマンションを立てる際に、団体信用生命保険というものに加入します。

加入していると、経営者が亡くなってしまった場合、ローンが払いきれていなくても、残りのローンが保険で支払われます。そのため、家族にはローンのないマンションを残すことが可能なのです。経営を続けることが、難しいと感じた場合には、家族はマンションを売却し、収入を得ることも可能でしょう。

お気軽にお問い合わせください