コラム

発見コラム「田井の目」

不動産鑑定士の目線で見る世の中はちょっと違う?!

2009/04/29

コンサートホールがなくなる日

年金や健康保険料でつくり、「保険料の無駄遣い」と批判された年金福祉施設を処分する年金・健康保険施設整理機構(RFO)が発足三年半で237施設、金額にして約1330億円を売却したとの発表がありました。

このRFOが売却する施設は、「ペアーレ」という名称の社会保険健康センター(フィットネス・カルチャーセンター)や「ウェルサンピア」などのレジャースポーツ施設を併用した宿泊施設が中心でありますが、売却される物件のなかには「厚生年金会館」の名称でなじみがあるコンサートホールも含まれています。

地方によっては公共が購入し存続が決定しているのですが、愛知においては愛知県厚生年金会館が約65億円で売却され、施設の廃止が決まっております。

確かに無駄づかいはよくないですがこのような文化施設もいっしょくたになって売却されて廃止になる場合がでるのは少しさびしいですね-。今年度は東京厚生年金会館も売却するとのこと。はたしてどうなるのでしょうか?

【関連資料】
事業実績と計画概要 (PDF:367KB)

コラムの関連資料は、PDFファイルです。
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

< Prev        コラム一覧にもどる        Next >
会社名
株式会社
タイ・バリュエーション・
サービシーズ
代表取締役
田井 能久
住所
〒460-0011
名古屋市中区大須 4-1-18
セイジョウビル 6F
TEL ・ FAX
TEL : 052-212-7623
FAX : 052-212-7624
MAIL
info@valuation.co.jp

会社概要はこちら