コラム

発見コラム「田井の目」

不動産鑑定士の目線で見る世の中はちょっと違う?!

2009/05/17

日韓鑑定評価協力会議in福岡

14~15日まで福岡で行われた標記の会議に出席してきました。

我々不動産鑑定士もいくつか国際会議を行っているのですが、これは日本と韓国の2国間で2年ごとに行われ、今年は日本で開催されました。

日本国内や韓国から集まった不動産鑑定士の方々は、もちろん面識ない方も多いのですが、旧知の方やほかの国際会議でお知り合いになった方も多くいらっしゃって、盛んな国内と国際交流をすることができました。

特に韓国の方は経済状況が芳しくないので、日本に来るのも大変じゃないかな?余計な心配をしておりましたが、皆さん結構お忙しい日々を送っているようです。

そういえば15日の新聞報道でも韓国のハン・スンス首相が韓国経済の展望として年末になればある程度回復するとの見通しを発表し、そのためにもGDP比3.9%にのぼる景気対策を行うということが報道されていました。もしかしたら最悪の時期は脱したのかもしれません。

しかし、我々鑑定業がどのような業務を展開していくべきかという悩みは、両国問わず共通の悩みのタネでしたね-。でもこんな草の根の国際交流や人々との出会いのなかから何かが生まれてくるような気がします。

このような会議に出る方は、自分と考え方が似ているせいか、初対面でもすぐに打ち解けられますね-。おかげで”中洲ひきまわしの刑”および”深夜のラーメンの刑”となり、次の日はタイヘンでしたが、忘れられない思い出ができました。

【関連資料】
スケジュール (PDF:936KB)

コラムの関連資料は、PDFファイルです。
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

< Prev        コラム一覧にもどる        Next >
会社名
株式会社
タイ・バリュエーション・
サービシーズ
代表取締役
田井 能久
住所
〒460-0011
名古屋市中区大須 4-1-18
セイジョウビル 6F
TEL ・ FAX
TEL : 052-212-7623
FAX : 052-212-7624
MAIL
info@valuation.co.jp

会社概要はこちら