コラム

発見コラム「田井の目」

不動産鑑定士の目線で見る世の中はちょっと違う?!

2009/08/03

マニフェストを読んでみよう。

8月30日に行われる衆議院委員選挙に向けて各政党が政権公約であるマニフェストを発表しています。

私は政治的には無党派といっていい人間なので、どこか特定の政党を支持するといものはないのですが、マスコミなどの報道によると、どーやら民主党が有利っぽい感じなのでかりに民主党が政権をとったら、どんなことをやるのかなーと思い、マニフェストなるものをななめ読みしていました。

よくいわれている、高速道路の無料化や子供手当の是非は別のサイトに譲るとして、一応本業である、「国土交通」のジャンルを見て私的に関心があったのは

①建築基準法や下水道法などの見直し ②中古住宅市場の活性化のためホームインスペクターの創設 ③リバースモーゲージの普及促進 ④PFIの促進など書ききれないくらい盛りだくさんありました。

ほんとにこれらがすべて実現すればいいのでしょうが・・・。ひとつ気になったのは②のホームインスペクターの創設です。「ただしく鑑定できるひと」なんてパンフに書かれていますが、じゃあわれわれの立場は?という感じですね。。。

このホームインスペクター制度ができて、またホームインスペクター協会なんかができて、そこの理事さんはどこかの役所出身の方だったりしたら、まったく構造としてかわりませんねー。

変化する社会に対応するため次々と新しい制度を創設するのも大事ですが、既存の制度が足かせになっていることも多いと思います。目新しいネタについ興味がいってしまいますが、いろいろ比較してみてじっくりと考えたいものですね。

コラムの関連資料は、PDFファイルです。
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

< Prev        コラム一覧にもどる        Next >
会社名
株式会社
タイ・バリュエーション・
サービシーズ
代表取締役
田井 能久
住所
〒460-0011
名古屋市中区大須 4-1-18
セイジョウビル 6F
TEL ・ FAX
TEL : 052-212-7623
FAX : 052-212-7624
MAIL
info@valuation.co.jp

会社概要はこちら