コラム

発見コラム「田井の目」

不動産鑑定士の目線で見る世の中はちょっと違う?!

2009/10/24

ガイアの夜明けはHappyEndか?

毎週火曜日にテレビ東京系列で放送されているガイアの夜明けという番組があります。なかなか面白いドキュメンタリー番組なのでよく見ていますが、たまたま見過ごした放送の再放送があったのでこの週末にみてみました。

それは10月6日放送分の「マイホームを守れ!~”我が家”の崩壊に立ち向かう~」というタイトルで、内容としては最近の不況によって住宅ローンが返せなくなったり、派遣切りで住む家を失った人に対し、”マイホーム”を守ることを支援する人たちとその内容が描かれていました。

その中で私が着目したのは、住宅ローンの返済を指南する専門家としてモーゲージプランナー(MP)の存在です。同じような資格にファイナンシャルプランナー(FP)もありますが、MPは住宅ローンの専門家であり、ローンの斡旋ができることが違うようです。番組内でもローン返済に困った方に、よりよい金融商品を進めて支払負担が軽くなるような提案をして活躍されていました。

しかし。。。繰り上げ返済の提案は理解できるのですが他の解決方法には少々疑問が残りました。それは貯金から”不動産投資”をして返済を軽減する提案であり、その依頼者は結局、そのMPやMPが紹介した不動産業者という”人”を信じて不動産投資に踏み切ったようでありました。

もちろん番組上で出演したMPの方々がうそついたりするような人ではないと思いますが、不動産投資の失敗例として”銀行がそう言った”とか、”不動産屋さんがそういった”とか、”人”を信じてしまい失敗する例は多いと思います。それは”人”を信じるなという意味でなく、不動産投資は投資する”不動産”が信じられるものでなくてはいけないと思うからです。解決プランとして不動産投資という提案があってもいいと思いますが、物件をいくつも見て、物理的な善し悪しを十分に判断したのかな-と少々疑問な感じでした。さらに最後はサブリース契約が購入の決め手になったってのも、あくまでも個人的な感想ですがホントに中身を精査したのかな-というカンジでした。

私が鑑定士としてこのような分野にお手伝いでいていない”ひがみ”なのかも知れませんが、なんとなーく後味が悪かったですね。しょうがないのでお口なおしにアメトークでも見よう。。。

コラムの関連資料は、PDFファイルです。
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

< Prev        コラム一覧にもどる        Next >
会社名
株式会社
タイ・バリュエーション・
サービシーズ
代表取締役
田井 能久
住所
〒460-0011
名古屋市中区大須 4-1-18
セイジョウビル 6F
TEL ・ FAX
TEL : 052-212-7623
FAX : 052-212-7624
MAIL
info@valuation.co.jp

会社概要はこちら