コラム

発見コラム「田井の目」

不動産鑑定士の目線で見る世の中はちょっと違う?!

2012/03/16

春と新幹線を待つ金沢

金沢駅

今週は出張で久しぶりに金沢に行ってきました。

そろそろ春らしい景色にでも見られるかな~と思った考えは甘く、さすが北陸、曇り空でレンタル自転車を借りて現地調査をしていたら、いつのまにやら雪に変わり、観光用レンタルサイクルで雪吹雪の中を激走するという、地元の方でもめったにしないような体験をしてしまいました。

そんなまだまだ寒い金沢ではありますが、もう少したてば街のいたるところに桜が咲く、美しい古都の風情を心待ちにしている方も多いと思いますし、もうひとつ金沢市民が待ち望んでいるモノに新幹線があるのではないでしょうか?

金沢に至る北陸新幹線は1997年(平成9年)に東京駅から長野駅まで部分開業している長野新幹線が富山を経由し、金沢まで2014年に開通する予定であります。

開通後は東京駅 - 金沢駅間が在来線で約3時間半が約2時間半に短縮される予定のようです。それに合わせてずいぶん前から金沢駅舎はきれいになっていますし、今回の現地調査で行った市役所には、金沢フルマラソンのための専用のセクションが出来ていました。

新幹線の玄関口である金沢駅前をはじめ、歴史的景観として金沢城や兼六園を仰ぐお堀通りや中心市街地では片町・香林坊や武蔵ケ辻などを通過場所として選定し藩政期から新幹線時代へとつながる街の魅力を満載したコースを選定しその実現に向けて行政も力を入れているようであります。

そういえば先の名古屋ウイメンズマラソンでも多くの観光ランナーと思しき方がやってきていましたし、彼女たちは「体力をつけるため名古屋めしでも食べるか!」という感じで、味噌カツ屋さんやうなぎ屋さんへ多くの列をなしていましたね-。

マラソンで観光需要を創出する手法は、今のランニングブームをとらえたいい方法なのかもしれません。数年後の春には、東京から新幹線に乗ってランナーたちがやってきて金沢の桜や古き佳き街並みを楽しみながら、シティマラソンを楽しむ・・・そんな光景が見られるのかもしれません。

コラムの関連資料は、PDFファイルです。
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

< Prev        コラム一覧にもどる        Next >
会社名
株式会社
タイ・バリュエーション・
サービシーズ
代表取締役
田井 能久
住所
〒460-0011
名古屋市中区大須 4-1-18
セイジョウビル 6F
TEL ・ FAX
TEL : 052-212-7623
FAX : 052-212-7624
MAIL
info@valuation.co.jp

会社概要はこちら