コラム

発見コラム「田井の目」

不動産鑑定士の目線で見る世の中はちょっと違う?!

2014/02/07

「ういろう号」発進せよ!

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131012/trd13101212030009-n1.htmから拝借

豊橋は愛知県では珍しく路面電車がまだ活躍しており豊橋駅から市役所などを結び市民の足として利用されています。

久しぶりに豊橋を訪れたのですが、ド派手なラッピングバスならぬラッピング路面電車である「ブラックサンダー号」を見ることができました。


ブラックサンダーは有楽製菓さんというお菓子メーカーさんが製造するチョコレート菓子でありますが、どーして豊橋?と思って調べてみると、この会社の創業者が豊橋市出身であり、市内にも工場があるので「豊橋銘菓」としてPRしているようでした。

とはいうもののこの会社の本社は東京だし、商品だって全国のコンビニでも売っているのに。。とかいう細かい突っ込みを入れたくなるとことですがこの”ブラックサンダー”号の名前から連想されるような、闇を切り裂くようなスピードで駆け抜けるわけはなく、”がたん、ごとーん”といいながら自転車と競り合うぐらいのスピードでゆっくり走る姿はほのぼのしていて、そんな細かいことは忘れてしまいそうであり、これがバスや普通の電車とは違う路面電車の魅力なのかもしれません。

私は鉄道オタクではないのですが、札幌、函館、広島、松山などの路面電車がある街並みはとても好きです。

今風にいうとこの路面電車はLRTとして表現されるわけですが、豊橋でも都市サミットが行われてLRTを活用した街づくりが検討されているようです。

東京では銀座~晴海間での建設が東京オリンピックの開催決定に伴い、かなり現実化してきたようであります。

2009年の段階で私がコラムで書いた段階ではなかったと思いますが名古屋市も平成26年度要求額として住宅都市局のLRT等の導入検討予算が1800万円計上されているようです。

まだまだ不確定ではありますが予算化されたことで事業が大いに進む可能性もあり期待したいとこであります。

そして建設された折には、、、そうですね-名古屋らしく「赤・白・抹茶・小豆・コーヒー・柚子・桜」の七色カラーのういろう号はいかがでしょう?

【関連資料】
平成26年度予算要求内容の公開(一部抜粋) (PDF:154KB)

コラムの関連資料は、PDFファイルです。
PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader ® が必要です。
アドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

Adobe - Adobe Readerのダウンロード

< Prev        コラム一覧にもどる        Next >
会社名
株式会社
タイ・バリュエーション・
サービシーズ
代表取締役
田井 能久
住所
〒460-0011
名古屋市中区大須 4-1-18
セイジョウビル 6F
TEL ・ FAX
TEL : 052-212-7623
FAX : 052-212-7624
MAIL
info@valuation.co.jp

会社概要はこちら