Service

サービス案内

名古屋の不動産鑑定ならタイ・バリュエーション・サービシーズ

名古屋の不動産鑑定ならタイ・バリュエーション・サービシーズへ!士業の先生方に寄り添って25年。
圧倒的な鑑定実績と現場知識で、最適な解決にお導きいたします。お見積りは無料です。お気軽にご相談ください。

タイ・バリュエーション・サービシーズが選ばれる理由

不動産鑑定士ならだれでも同じだと思っていませんか?タイ・バリュエーション・サービシーズには選ばれる理由があります。

1.豊富な実績

25年間一貫して不動産鑑定士ひとすじの代表・田井能久は1,500件を超える処理案件数を誇ります。東京、名古屋、千葉、北海道をはじめ全国ほぼすべての地域で実績がございます。

今までの業務経験で養った広域的な観点から不動産を見る目を忘れないよう、県外の案件にも積極的に対応しております。地方経済の動向や都市開発の動向についての情報交換を各地の有力な不動産鑑定士との間で継続的に行っております。 日本国内のネットワークの構築はほぼ完了しており、全国のどこでも即時に誠実対応が可能です。


2.複雑・多様化する案件に強い!

不動産鑑定士の案件処理力はだれでも同じ?そんなことはありません。 弁護士・税理士の士業の先生方が取り扱う複雑な案件や投資物件などの評価を「迅速・安心・明確」に行うのがタイ・バリュエーション・サービシーズの強みです。

田井能久は国内最大の不動産鑑定期間と世界有数の不動産投資ファンドに勤務した経験から、単なる土地評価のみならず、複合不動産や事業資産、及びM&Aにおけるデューデリジェンスなどを多く対応してきました。

この案件対応力から、多くの弁護士・税理士の先生方から支持をいただいております。


3.公的に認められた信頼性と発信力

田井能久はこれまで公的業務を長く担い、不動産鑑定士協会連合会の委員や名古屋地方裁判所の民事調停委員などにてその功績が認められ、連合会や公的機関からも高い信頼を得ています。

60回を超える講演会やセミナーでの講師経験があり、不動産関連ライターとしてWEBサイトに投稿した記事は80本を超え、今もなお増え続けています。


全国どこでも対応可能!
無料1時間
オンライン相談

TV電話でのオンライン相談が1時間無料でご利用いただけます。
お好きな時間にお好きな場所で、全国どこからでもご対応可能です。

対応ツール

zoom Google Meet Skype

お問い合わせはこちら

すべて込み込み!
初回限定
10万円セットプラン

「正式な不動産鑑定評価書は費用や時間がかかる」というイメージをお持ちではありませんか?
当社では、そんな方へ見積り不要の定額10万円(消費税を含む)、
たった1週間で正式な不動産鑑定評価書を納品する「10万円セットプラン」をご用意しました。
鑑定評価書を一度は活用してみたいと思っていた方や一刻も早く評価書が必要な方にとって最適なプランとなっております。

ご利用条件

  1. ご利用できるのは当社を初めてご利用頂くお客様で、月に3件までの限定商品です。
  2. 対象物件は面積が500㎡以下、固定資産税評価額が1億円未満の「土地」のみで、建物付きや借地権等の権利が付与したものなどは対象外となります。また場所は日本全国を対応しますが、田、畑などの農地と山林は対象外となります。
  3. 登記簿謄本などの資料収集費や愛知県における交通費を含みます。消費税及び愛知県外の案件処理に対する現地調査のための交通費は別途ご請求させて頂きます。
  4. 原則的には現地調査後1週間以内に納品しますが、愛知県から遠隔地や現地調査により確認事項が生じた場合には納期が延びる場合があります。

ご依頼時にご用意いただくもの

  • 土地に関する固定資産税評価額及び税額が分かる資料
  • 場所が分かる簡単な地図

また、調査を進めるうえで追加の資料のご提示をお願いする場合があります。予めご了承下さい。

お問い合わせはこちら

鑑定評価書

鑑定評価基準ならびに不動産鑑定評価に関する法律の絶対的記載事項を満たした鑑定評価書です。
物件の所在地や内容により作成に要する手間や期間が大きく異なるので、
お見積りのうえ料金を決めさせて頂きますが、概ね評価対象不動産の資産価値の1%以下が目途となります。

当事務所へ依頼するメリット

  • 確実な評価をリーズナブルな価格でご提供
  • お急ぎの方も安心の迅速対応

ご相談対応事例

個人所有の土地を、税務上問題なく法人へ売却したい。
代々引き継いだ土地を資産管理法人を設立し売却するにあたり、簿価が分かっても時価が分かりませんでした。税制上は適正な金額での売買が求められますので、税務署へ説明力が高い不動産鑑定評価書の作成をご依頼頂きました。
減損会計のため企業用資産の評価をしてほしい。
寮と一体化したレジャー施設を公認会計士と協議して合理的な按分方法を考え、鑑定評価報告書を作成しました。
地代が安いので増額したいがその根拠となる資料がほしい。
まずは調停委員としてのアドバイスをし、その後に訴訟に移行したので不動産鑑定評価書を作成させて頂きました。

お問い合わせはこちら

意見書

地価動向に関する意見書、時点修正意見書、個性率意見書など、ご依頼者が必要な情報や内容について机上調査を中心に意見書を作成します。
価格の査定ではなく不動産に対する判断やアドバイスが中心となります。

当事務所へ依頼するメリット

  • 状況の変化にすばやく対応
  • 状況に応じた情報の提供
  • 説得力の強い意見書を作成

ご相談対応事例

不動産鑑定を行って3年が経過しているので、現在の価格がどう変化しているのか把握したい。
ご相談をいただき調査をさせていただきましたところ、物理的な状況に一切の変化がなく、かつ社内検討用で必要だということでございました。そこで、3年間の地価の変化と現在の水準についてご報告をさせていただくという対応をさせていただきました。
鑑定評価を行った土地の近隣地域で、画地条件が異なる土地について水準の把握がしたい。
近隣地域にあり、時点も同じであるが、角地や面積が違う土地の地価水準について、意見書で地価水準を報告しました。
裁判案件について、相手方の鑑定評価書の内容が当方と違うの点を指摘したい。
弁護士さんが作成する答弁書の論点を整理し、相手の鑑定評価書の矛盾点等を意見書で指摘しました。

お問い合わせはこちら

調査報告書

不動産鑑定評価基準に則らない価格に関する調査報告書です。
記載事項や想定条件に制約はなく、ある程度内容は自由に設定できるので、
ご依頼者のニーズに広く対応できます。

当事務所へ依頼するメリット

  • 鑑定評価書で対応できない物件でも資産価値の把握ができる
  • 全国で多様な実績があるため様々な案件に対応可能

ご相談対応事例

M&Aにより、事業用不動産を多く買収するので不動産の概算の資産価値を把握したい。
現地調査や資料収集に制約がありましたが、デューデリジェンスのノウハウを活用して査定を行いました。
北海道の温泉付きホテル、スキー場、保安林を一体として売買する場合の見込価格を知りたい。
複雑な什器備品や権利関係を整理し、交渉のたたき台となる資料を作成しました。
遊休地を活用したいが、どんなプランがいいいのかわからない。
市場調査と周辺の競合調査をして、最適な土地の活用プランについてご提示しました。

お問い合わせはこちら